タイトル

__________

教室・技術紹介

北海道大学 大学院薬学研究院 薬理学研究室

<教室概要>
教員4人、学生19人(4年制:6年制= 2:1)が一致団結して神経薬理学の研究に取り組んでいます。学部3年生から研究室に配属されますが、それぞれの研究テーマごとに実験技術を磨き、知識の習得に取り組むことで、研究室全体として最先端の技術と知識をカバーできるようにしています。一人ひとりに研究テーマを割り当てつつ、それらを統合し、研究チームとして協力して大きな成果を出せるように努めています。

<研究内容>
研究テーマの中心は「情動」です。情動の基本的なメカニズム解析を基盤に、痛みや環境温度、他個体との関わり、過去の記憶など様々な外的・内的要因と情動との関連について研究を進めています。将来的にはうつ病や不安障害などの精神疾患のメカニズム解明と治療薬創製に結びつくことを目指して研究を進めています。

<実験手技>
動物の行動を個体レベルで解析する行動薬理学的手法、神経活動を詳細に解析するパッチクランプ記録法、神経伝達物質を測定するin vivo マイクロダイアリシス法、光により神経活動を制御するオプトジェネティクス、脳内神経活動の蛍光イメージング(in vivoカルシウムイメージング、ファイバーフォトメトリー)の他、in situ hybridization、一般的な生化学、組織化学、分子生物学の実験手法を駆使して研究を進めています。

<連絡先>
教授 南 雅文 mminamiアットマークpharm.hokudai.ac.jp
(URL)https://www.pharm.hokudai.ac.jp/yakuri/

≪≪ 6